お問い合わせ

MJCを知る

日本マイクロニクスについて

株式会社日本マイクロニクス

私たちは1970年の創業以来、
半導体やFPDの検査・測定機器を開発し提供しています。
これからも社会のデジタル化を支え、
新たな価値を創造していきます。

経営理念

電子計測技術を通して広く社会に貢献する。

エレクトロニクス製品を安心・安全に使用するために
半導体とその品質を支える検査の重要性は増しています。
当社はこれからも最先端の技術で、これらの検査に必要な製品・サービスを提供していきます。

企業理念ページへ

事業フィールド

半導体製造工程において、ウェーハの電気的特性検査に使用される計測器具「プローブカード」や試験装置「テスタ」、パッケージ後の特性検査に用いられる「テストソケット」、デバイスの研究開発時における評価・分析で使用される「ウェーハプローバ」などを提供しています。
半導体の高機能化、多様化が進む中、信頼性の高い検査/計測技術で、生産性および品質の向上を支えています。

製品ページへ

数字で見るMJC

世界シェア

メモリ向け
プローブカード
1

(2023年 TechInsights調べ)

顧客ニーズに応えた製品とサービスで、2015年の調査開始以来、市場シェア1位を維持しています。

研究開発費率

毎年約10

コンスタントに売上高の約1割を研究開発に投資し、積極的に技術開発をおこなっています。

営業利益率

20.8

生産性向上やコストダウンなどを推進し、市場変動にも左右されずに利益が出せる組織を目指しています。

自己資本当期純利益率(ROE)

21.1

株主価値を重視し、ROE(自己資本利益率)等の指標の向上に努めています。

グローバル展開

拠点数7ケ国10拠点
売上高海外比率80

主な半導体製造地域

日本マイクロニクスは、世界の主な半導体製造地域に拠点を構え、
グローバルなサービスを展開しています

関連情報