J-Contactsとは

J-Contactsは、バーインソケットによくある板バネタイプではなく、独特なリジット(一体型)+エラストマ(シリコンゴム)タイプの接触端子を採用したテストソケットです。そのため、接触端子の長さを従来の板バネより短くすることができ、電気的特性、特に高周波特性に優れたソケットです。
また、接触端子がなめらかな動作をすることから、デバイスとDUTボードを傷つけにくい理想的な接触を実現します。
QFP、SOP、QFN、SONパッケージ等の最終検査工程でご使用いただいております。

  • 板バネとJ-Contactsの比較
  • J-Contacts上面外観拡大図
PAGE TOP