本サイトはGoogle Chrome最新版での閲覧を推奨しております。

大分で働く

現在のお仕事の内容は?

プローブカードの品質向上のため、製造工程の不具合を調査し、その結果から製造部門、技術部門と共に改善に取り組む業務です。
品質向上への取り組みは、生産性のさらなる安定だけでなく、製造部門の業務効率化につながる重要な業務です。
不具合には様々な要因が絡み合っていることが多く、原因追究は非常に難しいですが、やりがいを感じています。

日本マイクロニクスを選んだ理由を教えてください

地元の青森県内で技術者として働きたいという思いから、青森工場のある日本マイクロニクスの面接を受けました。チューター制度など新人教育に力を入れており、しっかり成長できる環境があると感じ、入社を決めました。
配属先は青森ではなく大分でしたが、今は大分の生活にも慣れ、仕事もプライベートも楽しんでいます。

社会人になって、変化したところは?

チームで仕事をすることを意識するようになりました。学生時代は研究を一人で進めることが多かったのですが、同じ部署のメンバーはもちろん、部署を超えて協力することで、効率が上がるだけでなく、様々な問題を解決できます。
チームワーク良く仕事を進めるためには、「報・連・相」が非常に重要だということも実感し、チーム間でのコミュニケーションを大切にしています。

学生へのメッセージ

会社を選ぶということは勇気がいりますよね。その会社で働くイメージができるかどうかを大切にしてください。
私が説明会や面接で思い描いたイメージは、入社後数年経った今でも間違っていなかったと思います。

現在のお仕事の内容は?

垂直型プローブカードの開発に携わっています。
現状維持ではなく、より良い製品を提供できるよう、プローブやプローブを実装するヘッドの設計から評価、改良までの開発業務のほか 、製造歩留りのさらなる向上を目指し、プロセス改善をおこなっています。
プローブの設計には様々な制限やルールがあります。その中で自分が設計したプローブが全ての評価項目に合格し、お客さまに使用していただけたときは非常に嬉しく、達成感が得られます。

日本マイクロニクスを選んだ理由を教えてください

当初は専攻していた化学の知識を活かせる開発・研究部門のある会社を志望していましたが、多くの会社の説明を聞く中で、私達の生活に無くてはならない半導体について詳しく知りたいと思うようになりました。多くの半導体関連企業の中から、物理や機械等の専攻に限らず、様々な分野から人が集まり、半導体検査機器の開発をする日本マイクロニクスと出会い、ここで働きたいという気持ちが強くなりました。

入社して良かったと思うことを教えてください

何か困ったり、行き詰ってしまったりした時に先輩方に相談すると、課や部を越えて、アドバイスや知見・経験談を快く教えてくださいます。
初めての業務は戸惑いもありますが、「いつでも相談しにおいで」と言ってくれる先輩方がいることが心強く、頑張ろうという気持ちがさらに大きくなります。

学生へのメッセージ

一つの分野にこだわらず様々な会社説明会に参加し、視野を広げてみるのも良いかもしれません。
その中で自分が本当に就きたい仕事を見つけ、目標に向かって諦めずに頑張ってください。

現在のお仕事の内容は?

プローブカードの不具合を未然に防ぐために、過去のデータを洗い直し、発生の傾向や条件を分析する業務です。
定量化されたデータは新規プローブカード製作時に、顧客要求をいかに実現するか検討する際、役立てられます。
また、製品ごとの様々な数値を一覧にすることで、新規受注の際、開発の参考にする製品を探しやすくなるなど、開発時間の短縮にもなると考えています。

日本マイクロニクスを選んだ理由を教えてください

大学・大学院の専攻は半導体の研究ではありませんでしたが、大学の講義で半導体の広い可能性を知り、興味を抱きました。就職活動中に半導体の検査装置に目が留まり、説明会に足を運んだのが当社を知ったきっかけです。その説明会で、日本マイクロニクスが半導体業界を支える大きな役割を担っていること、高い技術力を持っていることに惹かれ、就職を決意しました。

学生時代にもっと学んでおけば良かったと思うことはありますか?

電子回路についてもっと学んでおけば良かったと思っています。現在の仕事では、電子回路の知識が必要とされます。大学で電子回路の講義はありましたが、「実際に目標の数値にするにはどうすればいいのか」というような実用的な部分まで学ばずに終了しました。「今、この知識は使わないから」ではなく、「いずれこの知識を使う時が来るかも」という、先の可能性を考えておけば良かったと感じています。

学生へのメッセージ

いま目指している業界だけではなく、視野を広げ、違った分野にも目を向けてみるのが良いのではないかと思います。
説明会への参加だけでも構いません。就職活動は様々な分野の企業に触れることのできる大きなチャンスです。幅広く企業研究をおこなうことで、就職後にその知識を活かす機会もあります。

PAGE TOP
Copyright© MICRONICS JAPAN CO.,LTD.