本サイトはGoogle Chrome最新版での閲覧を推奨しております。

青森で働く

現在のお仕事の内容は?

プローブカードに使われる多層配線基板の開発、プロセスの最適化から生産ラインの改善までをおこなっています。また、設計された図面に対し、様々な条件を考慮した最適な製作プロセスも検討しています。
どのような状況下でも基板の高品質を維持し、現状よりもさらに製作しやすいプロセスの構築に日々励んでいます。

日本マイクロニクスを選んだ理由を教えてください

BtoB企業のためか、ナビサイトで見つけるまでは日本マイクロニクスという会社があることを知りませんでした。しかし情報を集めるうちに、スマートフォンなどに搭載されている「半導体」を検査する機器、人間に例えると「脳」を検査するというところにおもしろさを感じました。さらに青森から、日本国内だけではなく世界と戦うことができるグローバルな企業であることが決め手となりました。

仕事のやりがいや達成感を感じるのはどんな時ですか?

お客さまより様々な仕様の製品を求められます。基板がないと社内の後工程評価もできないため、迅速に高品質な基板を製作することが重要です。一番の上流工程であることを意識し、基板製作における問題をひとつひとつ解決していくことにやりがいがあります。また、製品がお客さまの使用する環境下で期待通りの結果を出し、生産に貢献できた時、達成感が得られます。

学生へのメッセージ

自分の専攻を活かせる業種はもちろんですが、他の業種にも目を向けてみてください。
もしかしたら、そこに今は知らない興味や関心があるかもしれません。就職活動を通して、自分の可能性を広げていくことができると思います。

現在のお仕事の内容は?

ICチップの検査に使用するプローブカードの営業として、国内では東北地方、海外では韓国のお客さまを担当しています。
製品の導入は入札で決まるため、製品ごとに付加価値を検討し、入札の価格設定をすることも重要な業務です。海外のお客さまには毎月訪問し、現地のスタッフと協力して、営業活動をおこなっています。
またお客さまとの会話を通して「業界の動向」や「お客さまが求めるモノ」を情報収集し、的確に把握するよう努めています。こうした情報を社内へ展開し、共有することも営業の重要な役割です。

日本マイクロニクスを選んだ理由を教えてください

営業職を希望し、業種を問わず様々な会社の説明会やインターンシップに参加していました。当社への入社を志望したのは、海外で仕事がしたいという将来の夢を実現するチャンスがあると感じたからです。
大学時代、ボランティアサークルを仲間と立ち上げインドで活動をしたときに、世界は広いということを改めて実感しました。海外に拠点を多く持ち、世界に通用する技術を持つ日本マイクロニクスの一員になることで、自分自身も成長できると思いました。また、面接官の方が非常に気さくで話しやすかったことや、自分に期待してくれていることを感じ、それに応えたいと思ったことも入社を決めた理由です。

今後の目標を教えてください

まずは、国内外問わず活躍できる営業マンになることが目標です。
ゆくゆくは海外赴任をし、海外のお客さまに対して直接営業活動ができるようになることを目標としています。
得意の英語を活かし、自社製品を世界のものづくりの現場に届けたいと思っています。

学生へのメッセージ

入社するまで、その会社の社風は見えません。
ネームバリューだけで選ぶのではなく、面接などを通して感じた“自分の直感”を信じて会社を選ぶことをお勧めします。

現在のお仕事の内容は?

プローブカードの生産工程で使われる社内設備を開発する部署で、主に治工具の設計と組立を担当しています。治工具とは、製品の組立や検査に必要な器具で、プローブカードの品種や使用する装置・設備ごとに必要となります。
使用環境、治具の用途、カードの状態などによって異なる要求仕様を全て満たし、さらにオリジナリティのある治工具の設計をすることは簡単ではありません。しかし、自社で独自の生産設備を製作する点が他社との違いであり、当社の強みでもあるので、日々前向きに取り組んでいます。

日本マイクロニクスを選んだ理由を教えてください

インターンシップに参加した時の好印象が決め手となりました。プローブの動作について測定データをまとめる時間があったのですが、資料作成が苦手な私に、先輩社員の方がデータのまとめ方や見やすい資料作りのポイントを教えてくれました。工場の雰囲気も快活で、ここで働きたいと思いました。

仕事のやりがいや達成感を感じるのはどんな時ですか?

治工具を使用するのは当社の製造部門です。そのため、使用者の声を直接聞くことができ、とてもやりがいがあります。「作業が楽になった」など、喜んでもらえたときはモチベーションも上がります。
また、新たな治工具の設計担当になると、構想検討から製造部門へのリリースまで、一連の流れを全て任されるため、無事に終えた時には非常に大きな達成感を得ることができます。日常の組立業務も、自分で設計したものが自らの手で形になっていく喜びを感じられます。

学生へのメッセージ

日本マイクロニクスでは、出身分野に関係なく活躍している先輩社員が多く在籍しています。
現在の専攻分野に捉われることなく、興味がある企業があれば話を聞きに行くと良いと思います。

PAGE TOP
Copyright© MICRONICS JAPAN CO.,LTD.