本サイトはGoogle Chrome最新版での閲覧を推奨しております。

会社概要

経営理念

電子計測技術を通して広く社会に貢献する。

経営方針

  • 1.蓄積された技術と製造ノウハウを結集し、顧客に最高のベネフィットを提供する。
  • 2.常に技術開発に注力し、新技術の実現に努める。
  • 3.全社員が自己実現を図り、創造性豊かな企業文化を構築する。
  • 4.QDCCSSの改善および改革にすべての社員の力を結集する。

総合管理システムQDCCSS(クダックス)

開発から資材調達、製造、管理までを独自システムで展開

日本マイクロニクスは、お客様の信頼を得ることが大切との考えに基づき、製品の開発から製造、資材調達、管理、システム構築のあらゆる段階において、独自の総合管理システム“QDCCSS”(呼称:クダックス)が定めた六つの活動テーマの下、その改善および改革に取り組んでおります。

行動指針

1.原理原則を大切にする。

新たな分野を切り拓き、発展していくためには、これまでの経験や常識、慣例などに囚われるのではなく、物事の本質を見据え、原理原則に基づいた判断、発想、行動をするよう心がけることが肝要である。また、人間として道徳、倫理を判断基準として行動することにより、人はどんな局面においても迷うことはなく、うろたえることもない。

2.「観・感・勘」を大事にし、自己の能力開発を追求する。

製品や技術の開発に携わる人は日頃から、「物事をよく観察する」「観察から得られた感心、感動、感激を大事にする」ことを忘れてはならず、「観察、感動が勘を働かせ」、結果的に自己の能力が向上することに繋がる。

3.達成への5つのステップ「夢(needs)」「想定」「創意」「熱意」「実行」を確実に踏んでいく。

達成には「夢(needs)を叶えるために」「結果を想定し」「創意工夫をこらし」「熱意を持って励み」「継続的な実行努力をする」ことが最も重要である。

基本情報

設立 1970年
資本金 50億18百万円
代表者 代表取締役社長 長谷川 正義
従業員数 930名(2017年9月末)
売上高 260億47百万円(2016年9月末)
証券取引所 東京証券取引所(市場第一部)
事業所 国内6ヶ所 海外8ヶ所
PAGE TOP
Copyright© MICRONICS JAPAN CO.,LTD.