CSR推進方針

日本マイクロニクスは、お客さま、株主、地域社会、従業員、取引先などのステークホルダー(利害関係者)に対して社会的責任を果たすため、CSRに取り組み、次の【4つの企業像】の実現を図るための活動をおこなっています。

健全な発展を推進する企業
経済的繁栄に努めるとともに社会的な責任を果たす。
お客さまに信頼される企業
お客さまの満足度の高い商品・サ-ビスの提供に努める。
従業員が生き生きと働ける企業
従業員が働きがいを見出せる仕組みの構築に努める。
環境と社会への配慮のある企業
地球環境の保全と社会との調和に努める。

具体的な【6つの課題】に取り組んでいます。

日本マイクロニクスには「原理原則を大切にする」という行動指針があります。それは「人としての道徳、倫理を判断基準として行動することが肝要」と謳っています。公正な企業活動と企業倫理の重要性が高まっている今、我が社のコンプライアンスをより確実にするために行動指針を具体化し、会社諸規定ならびに法令より特にひとりひとりが留意すべき事項をまとめ、【コンプライアンスハンドブック】を作成し全従業員に周知徹底させています。

  • 1.統合マネジメント
    システムの構築

  • 2.企業倫理・コンプライアンスの徹底

  • 3.労働・製品の
    安全確保

  • 4.情報セキュリティの強化

  • 5.社会への貢献

  • 6.適切な情報開示

PAGE TOP